イノベーション受容研究

イノベーション受容グループ

新しい技術や仕組が普及して新たな価値を生み出すイノベーションでは、それまでの社会的価値感や制度と齟齬をきたし、製品化や普及がままならず、結果としてイノベーションが起きない可能性も十分にある。

本研究課題では、新しい技術や仕組がどのような過程や要因で社会に広まり、その過程でどのような法制度体系が作られるべきかという、社会受容性に関する分析と実践的活動を行う。

Keyword

技術と人間の協調、高齢者支援技術、心理評価、法制度

グループ体制

イノベーション受容グループ 森川 高行グループリーダー

社会的評価ユニット 上出 寛子ユニットリーダー

法制度整備ユニット 中川 由賀ユニットリーダー

グループリーダー

イノベーション受容
グループ
グループリーダー

森川 高行

名古屋大学 未来社会創造機構

 

交通システム分析を専門にしています。とくに、人間の行動原理に基づいた、交通行動分析や交通需要予測に取り組み、それを応用して新しい交通政策の提案をしてきました。最近は、ITS(高度道路交通システム)や自動運転を含む次世代自動車の活用が、交通システムや地域にどのような影響を与えるかの研究に取り組んでいます。理論研究だけでなく、実証実験的研究に力を入れており、足助プロジェクトも、平成24・25年度に行った「総務省ICT街づくり事業」で構築した人的・システム的基盤があったからこそ立ち上げられたと思っています。

詳細プロフィール

http://www.trans.civil.nagoya-u.ac.jp/morikawa/

メールアドレス

morikawa”at”nagoya-u.jp

社会的評価ユニット

社会的評価ユニット
ユニットリーダー

上出 寛子

名古屋大学 未来社会創造機構

 

社会心理学をベースに、ロボット技術と人間の関係性について研究をしています。技術が先行するのではなく、技術と人間がどのように関わるべきなのかについて、進歩的な立場の重要性を考慮しながらも、退歩的な姿勢を持って、技術と人間の調和を考えていきたいと考えています。

詳細プロフィール

メールアドレス

kamide”at”coi.nagoya-u.ac.jp

クリックで拡大

このプロジェクトで開発された技術が、どのような形で、高齢者の方々の支援につながっているのかを研究します。人間の良い人生に関する心理学の議論では、単に幸福であるだけではなく、理性や知恵が充足している成熟が必要とされています。日々の感情的な幸福感はもちろんですが、人間として成熟した高齢者の方々の生き方を、技術がどのように支援していけるのか、その可能性を心理学的に評価していきます。

メンバー

中山 典子

小池 春妙

 

法制度整備ユニット

法制度整備ユニット
ユニットリーダー

中川 由賀

名古屋大学 未来社会創造機構(客員)

 

名古屋大学客員教授。中京大学教授。中川法律経営事務所弁護士。

15年間検事として交通事件を含む刑事事件の捜査公判に従事。2015年弁護士登録。2017年経済産業省・国土交通省委託事業「高度な自動走行の社会実装に向けた研究開発・実証事業(自動走行の民事上の責任及び社会受容性に関する研究)」模擬裁判WG委員。

現在、自動運転に関する法律問題の研究に取り組んでいる。

詳細プロフィール

メールアドレス

nakagawa-yuka”at”law-consulting.jp

 

CASEに要約されるモビリティ革命を迎える中で、新たな技術のポテンシャルが十分発揮され、かつ、安全性が十分確保されるとともに、法的責任が明確化された法制度のあり方を検討し、提案することを目指しています。

詳細/関連
WEBサイト

https://self-driving-car.jp/wp/

他機関
メンバー

※名古屋大学
客員准教授

岩月 泰頼

(松田綜合法律事務所弁護士)

 

 

更新:2019年10月

PAGE TOPに戻る