くらし・健康基盤研究

バイオデバイス加工グループ

NEWS

近日公開

 

グループ紹介イメージ(バイオデバイス加工G)

 

 バイオデバイス加工グループでは、我々の身の周りの至るところで活用されているガラスに高度機能を埋め込んだ「Intellectual Glass」の創出を目指します。Intellectual Glass が個人の身に着けるものや、モビリティ、街の周辺環境に搭載されれば、移動時から在宅時・外出先に至る全てのシーンで手軽に健康関連情報をモニタリングできるようになります。例えば、Intellectual Glass が搭載された車では、個人の健康に関するダイナミック・リアルタイム情報による運転支援が可能となります。このような社会を実現するため、本グループでは、極微量の血液を始め、咳により発生する飛沫唾液などに含まれるバイオエアロゾルから非侵襲に健康情報を検知できるナノバイオ計測デバイスや、ガラス微細加工技術の開発を行い、人とモビリティが融合・調和した未来社会の実現に貢献します。

Keyword Intellectual glass, ナノバイオデバイス、プラズマ工学、
健康情報モニタリング

バイオデバイス加工グループのユニット紹介

プラズマ・健康情報集積デバイス・プロセスユニット

堀 勝     ユニットリーダー (名古屋大学 未来社会創造機構)

モビリティ・ナノバイオ計測統合ユニット

馬場 嘉信 ユニットリーダー (名古屋大学 未来社会創造機構)

ヒューマンバイオセンシングユニット

堀 勝   ユニットリーダー (名古屋大学 未来社会創造機構)

グループリーダーについて

グループリーダー
堀 勝

堀 勝人類が永続的に発展できる地球の創生を目指し、最先端プラズマ科学技術によって、原子・ラジカルを観て操作する技術、ナノ構造を形成する技術、新デバイス機能を発現させる技術を創成し、産業や医療のイノベーションを推進してきました。本プロジェクトでは、プラズマナノ工学研究センター、プラズマ医療科学国際イノベーションセンター、革新ナノバイオデバイスセンター及び予防早期医療創成センターにおける世界最高峰の科学技術と智慧を企業と共に結集することで、材料・デバイス、バイオ・生命、生活・医療を計測と情報通信技術で統合した新科学の創成による社会実装のイノベーションにより、人、社会、モビリティが調和した暮らしと健康を実現します。

詳細プロフィール
メールアドレス hori@nuee.nagoya-u.ac.jp
グループリーダー
馬場 嘉信

馬場 嘉信ナノバイオデバイスによる未来医療の開拓のために、がんや生活習慣病の超早期診断およびiPS細胞などを活用した再生医療に関わる研究開発を進めており、これまでに、血液中の極微量ながん細胞の検出によるがん転移診断、極微量な血液・尿等の体液中の遺伝子やタンパク質解析によるがん・生活習慣病診断、iPS細胞等の幹細胞による疾患の再生治療を実現してきました。本プロジェクトにおいては、これまでの研究成果と共同研究を行う企業の優れた技術を融合することにより、いつでもどこでも健康状態を知り、健康を守るためのIntellectual Glassを創製するための研究を推進します。

youtube_button_green

詳細プロフィール
メールアドレス babaymtt@apchem.nagoya-u.ac.jp

 

プラズマ・健康情報集積デバイス・プロセスユニットについて 

 

ユニット紹介

ユニット紹介イメージ1(プラズマ・健康情報集積デバイス・プロセスU)

クリックで拡大↑↑

 プラズマ・健康情報集積デバイス・プロセスユニットでは、生体成分から疲労・ストレスを計測するセンシングデバイスに向けて、プラズマによる超精密ガラス加工技術の開発を行っています。ガラスの微細加工、プラズマ処理、表面特性制御により、バイオエアロゾルを捕捉するガラスデバイスの微細構造、表面処理、分離計測の新技術を創出します。

詳細/関連HP
  • 近日公開
メンバー

堀 勝
関根 誠
小田 修

石川 健治
近藤 博基
竹田 圭吾

湯川 博
小野島 大介

 

 

健康情報解析ユニットについて

ユニット紹介

ユニット紹介イメージ2(健康情報解析U)

クリックで拡大↑↑

   健康情報解析ユニットでは、疲労・ストレスの生体成分マーカーの探索と高感度検出デバイス技術の開発を行っています。これまでの血液計測の感度を超精密ガラス加工デバイスによって発展させ、極微量のバイオエアロゾルの成分分析に応用し、飛沫唾液などに含まれる生体成分に関する疲労・ストレスの情報・計測基盤を構築します。

詳細/関連HP
  • 近日公開
メンバー

小野島 大介
長谷川 好規

近藤 征史
長谷 哲成

田中 宏昌
橋爪 博司

 

モビリティ・ナノバイオ計測統合ユニットについて

ユニット紹介

ユニット紹介イメージ3(モビリティ・ナノバイオ計測統合U)

クリックで拡大↑↑

   モビリティ・ナノバイオ計測統合ユニットでは、生体成分計測デバイスのダウンサイジングと高機能化開発を行っています。極微量のバイオエアロゾルの迅速検出と実用化に向けた薄型・小型ガラス基板技術により、モビリティと融合可能で日常的な疾病予防、健康増進のために利用可能なポータブルな生体成分センシングデバイスを実現します。 

詳細/関連HP
  • 近日公開
メンバー

馬場 嘉信
加地 範匡
湯川 博

小野島 大介
安井 隆雄

石川 健治
田中 宏昌

 

ヒューマンバイオセンシングユニットについて

ユニット紹介

ヒューマンバイオセンシング

クリックで拡大↑↑

  ヒューマンバイオセンシングユニットでは, 体調急変, 意識喪失, さらには将来の体調予兆を可能とする, 呼気, もしくは皮膚ガスからの非侵襲での疲労・ストレス計測の実現を目指します. 具体的には, 基盤となる, 世界的にも例を見ない携帯端末・車載可能な高精度センシング技術開発と, 疲労・ストレスに関連するバイオマーカーの探索を行います. 得られるデータは,医療・健康情報として活用可能な上, 個々の技術は高齢者見守り, ヘルスケアへの展開も考えられ, 医工農のハイブリットメンバーで研究・開発と社会実装を同時に進めます。 

詳細/関連HP
  • 近日公開
メンバー

堀 勝

内田 浩二
柴田 貴広

吉武 淳

 

PAGE TOPに戻る