協調領域研究

ゆっくり自動運転®グループ

ゆっくり自動運転®は、低速度で人や社会と協調する自動運転技術で、無人運転による地域内移動サービスを提供することができます。超小型車からバスまで様々な車両に適用でき、ラストマイル交通、地域内巡回交通、カーシェアリング回送、自動バレーパーキングなどへの応用が考えられます。
昨今、様々な移動手段の情報・予約・決済を一括のアプリで処理できるMaaS(Mobility as a Service)が世界的に注目されています。名古屋大学COIでは、交通不便地域における高齢者等の移動困難者を主な対象としたモビリティサービス“Mobility Blend®”を構築しており、その中でのラストマイル交通など単純な輸送部分を順次ゆっくり自動運転に置き換えていくことを計画しています。地域に即した総合的な移動サービスにおける自動運転のあり方を検討することで、ゆっくり自動運転の社会実装を目指します。

Keyword

低速度・地域限定自動運転、MaaS、ラストマイル交通、地域内交通、

カーシェアリング回送、自動バレーパーキング、中山間地域、ニュータウン

グループ体制

ゆっくり自動運転®グループ 森川 高行グループリーダー

サービス構築ユニット 金森 亮ユニットリーダー

運転知能構築ユニット 赤木 康宏ユニットリーダー

グループリーダー

ゆっくり自動運転®
グループ
グループリーダー

森川 高行

名古屋大学 未来社会創造機構

 

交通システム分析を専門にしています。とくに、人間の行動原理に基づいた、交通行動分析や交通需要予測に取り組み、それを応用して新しい交通政策の提案をしてきました。最近は、ITS(高度道路交通システム)や自動運転を含む次世代自動車の活用が、交通システムや地域にどのような影響を与えるかの研究に取り組んでいます。理論研究だけでなく、実証実験的研究に力を入れており、足助プロジェクトも、平成24・25年度に行った「総務省ICT街づくり事業」で構築した人的・システム的基盤があったからこそ立ち上げられたと思っています。

詳細プロフィール

http://www.trans.civil.nagoya-u.ac.jp/morikawa/

メールアドレス

morikawa”at”nagoya-u.jp

サービス構築ユニット

サービス構築ユニット
ユニットリーダー

金森 亮

名古屋大学 未来社会創造機構

 

交通政策の導入・運営に関する取り組みを行っており、交通行動分析、交通需要予測を専門としています。最近は自動運転技術や最適配車技術を活用した交通サービスの導入評価・影響分析に関心があり、実証実験を通じてデータ分析、合意形成などに関する研究に従事しています。

詳細プロフィール

http://www.trans.civil.nagoya-u.ac.jp

メールアドレス

kanamori.ryo”at”nagoya-u.jp

 

本ユニットは、ゆっくり自動運転技術を地域に即した交通サービスとして社会実装することを目標としています。利用者ニーズと提供者ニーズの両面からの要望の把握と調整、技術を改善する仕組みの構築に取り組みます。例えば、シナリオ設定に応じた実証実験の企画、アンケート調査データ分析による利用意向や受容性の把握を繰り返し、既存の公共交通サービスとの融合方法を検討します。

詳細/関連
WEBサイト

 

メンバー

金森 亮

 

 

中村 俊之

本丸 勝也 

運転知能構築ユニット

運転知能構築ユニット
ユニットリーダー

赤木 康宏

名古屋大学 未来社会創造機構

 

自動運転車の走行システム研究・開発を専門としています。特に市街地での自動走行を実現するための運転行動判断機能の研究を通じて、ゆっくり自動運転を社会実装するための車両開発・実証実験を実施しています。

詳細プロフィール

メールアドレス

akagi-y”at”coi.nagoya-u.ac.jp

 

市街地での自動運転を実現するための運転知能を開発しています。運転知能の構築とは、運転に関する「認知」「判断」「操作」を人間の代わりにコンピュータが自律的に実行できるようにする知能を開発することです。この運転知能によって、交差点や横断歩道、歩行者や対向車等の交通状況を理解し、適切な運転行動を自動的に生成します。

詳細/関連
WEBサイト

 

メンバー

赤木 康宏
 

奥田 裕之

 

 

立石 定芳 

 

 

ハードプラットフォームについて

1号機「ゆっくりコムス」

ベース車両:コムス(トヨタ車体製)

 

レーザーセンサ(LiDAR)で周辺環境を認識し、3次元地図データを踏まえて今自分がどこにいるかを推定します。次に、対向車や歩行者の挙動を先読みし、軌道生成技術で最適な走行経路を決めます。これを繰り返すことで、自動走行が可能となります。

加えて、自動運転車がどう動くかを周囲の歩行者や他車に伝える情報を表示する「インフォディスプレイ」を搭載し、周辺環境と調和した状態となるようにしています。

2号機「ゆっくりカート」

ベース車両:電動ゴルフカート(ヤマハ発動機製)

 

誘導線方式ではない、日本初の自動運転ゴルフカートです。

名古屋大学発ベンチャーであるTierⅣの「Autoware」を用いた「AIパイロット」により、自律走行を可能としました。

また、乗員の安全のための安全ベルトを装着するなどの改造を経て、公道を走れるよう軽自動車としての登録を行いました。

公開実証実験について

名古屋大学COIでは、自治体などの協力のもと、公道などで公開実証実験を行っています。

※上に行くほど新しい情報です。クリックすると当日の様子を紹介した記事が開きます。

2019年度

2019/04/28~29

兵庫県神戸市

 

 

2018年度

2019/02/25~26

愛知県春日井市高蔵寺ニュータウン

2018/11/01

愛知県豊田市稲武地区

 

 

2017年度

2018/03/05

愛知県春日井市高蔵寺ニュータウン

2017/11/27

愛知県豊田市足助地区

更新:2019/11/22

PAGE TOPに戻る