協調領域

高齢者支援技術の社会的評価グループ

NEWS

 

NEWS一覧 

 

このプロジェクトで開発された技術が、どのような形で、高齢者の方々の支援につながっているのかを研究します。人間の良い人生に関する心理学の議論では、単に幸福であるだけではなく、理性や知恵が充足している成熟が必要とされています。日々の感情的な幸福感はもちろんですが、人間として成熟した高齢者の方々の生き方を、技術がどのように支援していけるのか、その可能性を心理学的に評価していきます。

KEYWORD 技術と人間の協調、高齢者支援技術、心理評価

高齢者支援技術の社会的評価のグループ紹介

グループリーダーについて

グループリーダー

上出 寛子

 社会心理学をベースに、ロボット技術と人間の関係性について研究をしています。技術が先行するのではなく、技術と人間がどのように関わるべきなのかについて、進歩的な立場の重要性を考慮しながらも、退歩的な姿勢を持って、技術と人間の調和を考えていきたいと考えています。

メールアドレス

kamide”at”coi.nagoya-u.ac.jp

効果評価ユニットについて

メンバー

上出 寛子

森川 高行

 中山 典子

NEWS
一覧

 

PAGE TOPに戻る