サステナブル基盤部門

サステナブル基盤グループ

NEWS

NEWS一覧

 

 

 サステナブル基盤グループでは、高齢者やそチェア ロボットの家族が適切なつながりをもって活き活きと暮らし、心豊かでサステナブルな(持続性のある)社会を実現するシステム統合技術基盤を構築します。椅子や車などの環境にセンサを設置して高齢者をさりげなくセンシングすることで、個々人の生活情報や体調などの情報に生理的な意味を加えたデータベースを構築し、さらに、システムと人を結ぶ知能エージェントを開発します。これらを統合することで、人々の多様な価値観(健康,エコ,好みなど)に応じて、その日の健康状態等が「気づき」を促すような形で個々人に提示され、気持ちをプラスにする空間を演出します。我々はシステムが人間の行動を理解し、個々人に応じた気配りを行う、気配り支援システムの開発を目指します。

KEYWORD 人間・環境計測,非侵襲生体センシング,エージェント,生活支援,
宅内ロボット

サステナブル基盤グループのユニット紹介

グループリーダーについて

サステナブル基盤グループ
グループリーダー

新井 史人

新井史人名古屋大学COI専任教員(2014),同大学院工学研究科マイクロ・ナノシステム工学専攻 教授.マイクロ・ナノメカトロニクス研究センター センター長.マイクロ・ナノメカトロニクス,マイクロ・ナノロボット工学,バイオロボティクス,バイオニックシステム,センサ・アクチュエータ等の研究に従事.
IEEE Robotics and Automation Society,Vice President(副会長)(2014-),IEEE Robotics and Automation Society,AdCom Member(理事)(2010-2011, 2012-2014),Advanced Robotics,Editor in Chief(2012.4-),
日本ロボット学会 理事(2012-2013),日本機械学会ロボメカ部門 部門長(2013),化学とマイクロ・ナノシステム学会 会長(2014, 2015)などに従事。

youtube_button_green

詳細プロフィール

メールアドレス

arai”at”mech.nagoya-u.ac.jp

サステナブル基盤グループについて

詳細/関連HP

名古屋大学大学院工学研究科マイクロ・ナノシステム工学専攻 新井研究室

メンバー

新井 史人

内山 剛

佐久間 臣耶

間瀬 健二

吉川 大弘

室崎 裕一

山田 陽滋

丸山 央峰

古橋 武

パナソニック
メンバー

吉岡 康介

横矢 真悠

吉井 重雄

 

山田 和範

 

更新:2018/10

PAGE TOPに戻る