協調領域

ダイナミックマップ

NEWS

「平成27年度名古屋COI拠点成果発表会」及び「グローバルモビリティ拠点サミット2015」を同時開催

 

%e5%85%a8%e4%bd%93%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

 

 ダイナミックマップユニットでは,都市レベルでの交通に関するセンサーデータの収集・管理・活用を実現する「交通社会ダイナミックマップ」のプロトタイプシステムを開発します。合流支援などの協調型運転支援機能を実装しながら,評価と課題抽出を行います。また,センサーデータとの統合に必要な高精度道路地図フォーマットの提案,交通社会ダイナミックマップの評価のためのシミュレーション環境の構築も行っています。

KEYWORD 交通社会ダイナミックマップ

ダイナミックマップグループの紹介

 

グループリーダーについて

グループリーダー
高田 広章

高田 広章 各種の機械・機器に組み込まれてそれを制御するコンピュータシステムである「組込みシステム」の開発技術を専門としています。最近取り組んでいる研究テーマは、組込みシステム向けのリアルタイムOS、車載組込みシステム、リア ルタイムスケジューリング理論、システムレベル設計技術、機能安全技術等で す。名古屋大学 大学院情報科学研究科附属組込みシステム研究センター長を兼務しています。また、オープンソースのリアルタイムOS等を開発し普及させるTOPPERSプロジェクトを主宰しています。

youtube_button

 

 

詳細プロフィール
メールアドレス hiro@ertl.jp

PAGE TOPに戻る