【12/22(火)開催】連続ウェビナー第3回「自動運転移動サービスの社会実装に向けた課題」

2020/12/02


 

「名古屋大学COI連続ウェビナー 人がつながる “移動”イノベーション」シリーズの第3回は、自動運転の法制度をテーマに開催します。

日  時:令和2年12月22日(火) 13:00 ~ 14:30( 90分)
視聴方法:Zoomウェビナー(参加費無料)
参加申込:Zoom登録フォームよりお申し込みください(クリックして移動)
主  催:東海国立大学機構 名古屋大学 未来社会創造機構
共  催:中京大学 法務研究所

名古屋大学COIでは、移動に関する複合的な課題を解決する、これまでにない製品やサービス、社会システムの社会実装を目指した研究開発に取り組んでいます。

本ウェビナーシリーズでは、それら取組みの成果も踏まえ、人間中心の研究開発やウィズ/ポストコロナといった社会の動きも見据え、これからの人の “移動”を支えるシステムと技術について考えます。

第3回は、「自動運転移動サービスの社会実装に向けた課題」と題して開催いたします。
限定地域での無人自動運転移動サービスの社会実装に向けた制度の整備は、この数年間で着実に進められてきており、全国各地において事業化に向けた公道実証実験が行われています。ただ、安全性と収益性を両立させた継続的な事業化のためには、まだまだ多くの解決すべき課題に取り組んでいく必要があります。

本ウェビナーでは、公道実証実験に取り組んでいる自動運転技術者、サービス提供企業および法律家が、公道実証の現場で抱えている課題、それに対する取組み、そして今後の方向性について語り合いたいと思います。現場感覚を踏まえてできるだけ率直な話をし、みなさまの参考にしていただきたいと思っております。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

〔プログラム〕 *一部プログラムに変更があります

13:00~13:05 開会挨拶

 森川 高行(名古屋大学COI研究リーダー、
東海国立大学機構 名古屋大学 未来社会創造機構 教授)

13:05~13:45 自動運転移動サービスの社会実装に向けた課題

 赤木 康宏(名古屋大学COIゆっくり自動運転グループ 運転知能構築ユニットリーダー、
東海国立大学機構 名古屋大学 未来社会創造機構 特任准教授)

 中川 由賀(名古屋大学COIイノベーション受容グループ 法制度整備ユニットリーダー、
東海国立大学機構 名古屋大学 未来社会創造機構 客員教授、
中京大学 法学部 教授、弁護士)

*合同での講演に変更いたしました

13:45~13:55 地域実装の事例紹介

 佐治 友基氏(BOLDLY株式会社 代表取締役社長 兼CEO)

13:55~14:25 クロストーク|自動運転移動サービスの社会実装に向けた課題
~実証実験の現場から

モデレーター

中川 由賀

登壇者

上記講演者が登壇いたします。

14:25~14:30 閉会挨拶

 森川 高行(名古屋大学COI研究リーダー、
東海国立大学機構 名古屋大学 未来社会創造機構 教授)

〔参加申し込みフォーム〕*先着順です

Zoom登録フォーム(クリックして移動)

〔ご参加にあたって〕

*視聴の方法については、お申込みいただいたメールアドレスにご案内します。

*スマートフォンやタブレットから視聴される場合は、事前にアプリをダウンロードいただけますとスムーズに参加いただけます。

*パソコンからの場合は、インターネットブラウザからでも視聴できますので、アプリのダウンロードは必須ではありません。

〔今後の予定〕

来年開催に向けて準備中です。詳細が決まり次第、本WEBサイトおよびメールマガジンにてご案内いたします。

〔問 合 先〕

東海国立大学機構 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
COI推進ユニット  Email:info@coi.nagoya-u.ac.jp

*メールマガジンについて、詳しくはこちらをご覧ください。
  http://www.coi.nagoya-u.ac.jp/nucoi-news

作成:12月02日
更新:12月15日

PAGE TOPに戻る