名古屋大学COIビジョン

高齢者が元気になるモビリティ社会の確立

 高齢化社会の中で、全ての人が地域差・個人差なくいつまでも社会の現役として活躍できる社会を実現するために高齢者が自らの意思でいつでもどこへでも移動でき、高齢者の外出頻度と社会参加率が増加し主観的幸福度が向上する「高齢者が元気になるモビリティ社会」を実現します。

 

 高齢者自身の情報を活用した健康維持と外出誘導により【お出かけしたくなるような身体と気持ち】を創り、【安心・安全に使える車と運転支援】によって楽しく移動し、人がつながるような 【共助と自尊心が生まれる場と仕組】のしくみの社会実装をめざします。

 

【社会実装を想定する主なアプリケーション・サービス】

 

○運転が苦手な人も運転できない人も楽しく移動できるモビリティ

ゆっくり自動運転®、ドライバエージェント、
ダイナミックマップ、ストレスフリー交通マネジメント

 

○カジュアルセンシングで得た自分情報を活用した健康維持と外出誘導

行動リコメンド、歩行支援ロボット、カジュアルセンシング・デバイス

 

○社会参加によって高齢者の自己効力感が増すしくみ

モデルコミュニティ形成、社会科学的評価

 

 

【名古屋大学COIのロゴについて】

 

 Mobilityの「M」、「face to face」、「つながり」をモチーフとしています。

 

 

 

【NU COIニュース】

 

名古屋大学COIに関連する取組み情報を発信するメールマガジンを発行しています。

詳細はこちら

PAGE TOPに戻る